取れたての新鮮なすいかが置かれた、すいか農園での心温まるできごと

中学1年生の夏、心温まるできごとがありました。 母親に「みんなすいか食べたくない?」と聞かれ、「今すぐ食べたい」と言うと、「じゃ、明日みんなで食べに行こう」と言い、家族で、近くのすいか農園に出かけました。

車で約30分かけて到着した農園には、取れたての新鮮なすいかが山ほど置かれていました。 農園のスタッフの人に「農園にいる間はすいか食べ放題」と言われ、興奮した私たち家族は切ってもらったすいかを夢中になって食べ続けました。 「すいかの種を食べ過ぎると腹痛の恐れがあるので、出して下さい」と教わった上で、私たち家族はお腹いっぱいになるほど、心ゆくまで美味しいすいかを堪能しました。

帰りの車内で、「今日はすいか美味しかったね、近いうちにまたみんなで来ようね」と語り合いました。 その言葉どおり、その年私たち家族は「もうすいかは飽きた」と言うほど合計3回も農園に行き、すいかを満喫しました。

当然夏の時期だけしか食べられないすいかの知識を学んだ上で、私はこれからもすいかを美味しく食べさせていただきます。銀座カラー 全身パーフェクト脱毛